一人暮らしのインテリアのポイントは、家具の数をしぼって、色も少なくすると部屋が広く使えます。

手作りの節約インテリア

手作りの節約インテリア

インテリアのポイント

手作りの節約インテリア
大学入学を機に上京してから、一人暮らしを続けていますが、インテリアにはこだわっています。一人暮らしだと、その部屋の姿が自分自信を現すとも言えます。センスよくすっきりとしたインテリアにしたいと思って工夫してきました。

一人暮らしを始めるとなると、家具をあれこれ揃えたくなりますが、家具が多いと部屋がごちゃごちゃした印象になるので、できだけ家具の数は絞った方がいいでしょう。また色もできるだけ少なくした方が、部屋も広くみえます。床の色と家具の足の部分の色を同じにすると、統一感が生まれてすっきりしますよ。

カーテンも部屋の印象を大きく左右するので重要です。カーテンは壁の色に合わせて選ぶことが基本ですが、他に柄を選ぶときは縦方向にデザインされた柄を選ぶを部屋が広くみえます。家具は背の低いものを選んで、コーナーにまとめて配置することも部屋を広く使うコツです。また、テーブルは足が折れるものを選ぶと、誰か泊まりにきた場合などにスペースを簡単に空けることができるので便利です。鏡については以外に場所をとりますので壁にかけられるものを選ぶか、キャスターが付いていてコートなども掛けられるものを選ぶと、部屋が広く有効に使えると思います。

ピックアップ

Copyright (C)2017手作りの節約インテリア.All rights reserved.