なるべく部屋を広く見せたい場合には、インテリアを工夫することが大切です。視覚や色の効果と家具の配置について。

手作りの節約インテリア

手作りの節約インテリア

部屋が広く見えるインテリア

手作りの節約インテリア
部屋はなるべく広く見せたいものです。広く見えるインテリアとはどのような工夫が必要でしょうか。まず色ですが、家具や置物などを白で統一すると広く見えます。また、下から上に向かって色を明るくするという法則もあるので床やラグを濃い色にしてカーテンなどは明るい色にするのも良いです。また、家具は背の高いものではなく低い家具に統一すると広く見える効果があります。部屋に入った印象も大切です。リビングなどドアを開けた場所に遮る家具があると狭く見えますので壁に平行に空ソファや棚を置くなどすると効果的です。

また、カーテンの柄によってもかなり違ってきますのでこれからカーテンを買う人は無地に近いものや、柄があるものでも縦の線が強調されているものを購入すると天井が高く見えて部屋も広く見えます。ダイニングセットですが、椅子の高さがあまりないものの方が部屋が広く感じるようです。それから、物をあまり置かないということも大切です。動線を確保し、床の見える面積を増やすことで部屋の印象も変わってきますので、物を置かない暮らしを目指してみるのも良いでしょう。

鏡をうまく使うというのもインテリアに奥行きを与えてくれます。大き目の鏡に映るのが外の景色というのも良いそうです。鏡は部屋に明るさも与えてくれますので天気の悪い日でも気分が良いです。また、テーブルなどをガラスにするのも効果的と言えます。

ピックアップ

Copyright (C)2017手作りの節約インテリア.All rights reserved.